読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

中古車の選び方~程度の良い中古車を選ぶ方法~

車の買い替えで中古車を買うと決めたら、程度の良い中古車を選びたいものですよね。

中古車の中には、粗悪な車もあれば、程度の極上な車もあり、よく選ばないと痛い目にあうことがあります。


当たりを引けば長期にわたって大きなトラブルもなく乗り続けられますが、ハズレを引くと、お金のかかる修理が立て続けにおこって、車両代が安くても「安物買いの銭失い」になってしまうことがあります。

そこで、程度の良い中古車を選ぶにはどうすればよいかをまとめてみました。

評判の良い、近くの店で買う

中古車は隠れた不具合がある場合にもっとも買い損となります。評判の良い店は、車の状態を仕入れ段階で誠実に見て、可能な限りの不具合を見抜いて、そのような車をそもそも仕入れません。


だから評判の良い店になっているのです。仕入れが安い車は、程度がそれなりに良くない場合があります。(不人気車は人気がないので安いので別ですが。)
なるべく安い車を仕入れ、外側だけピカピカに磨いて売っているような店は、評判が良くないことが多いのです。

 

カーセンサーなどのお店の評価にはお店側の人間や関係者が書いている場合もありますが、評価の数が多い店なら本当のお客様が書いている確率が増えますので、評価数の多くて評判の良い店を選ぶと良いでしょう。

 

また、ほしい車だからといって、家から遠くの店に出かけていくと、多少問題があってもその遠出したという特別な行動に判断力が麻痺してしまって、無理をして購入してしまうことがあります。


家から近い店だと、また訪問するのもそれほど苦にならず、見送って帰ってこれます。つまり無理をして買ってしまうリスクを避けられます。

 

評判の良い店が近くに無い場合はしかたがありませんが、なるべく冷静に選ぶためにも近場で探すというのがおすすめです。


保証が長く保証内容が具体的に説明されている

車の状態に自信があれば、長期の保証をつけて安心を売ることができます。仕入れがしっかりしている店なら保証も長期にできる理由があるわけです。
保証内容も具体的に説明してもらえるなら安心して購入することができます。

 

また、最近は有料の保証も充実していて、車の重要な部分についてだけではなく、パワーウインドウなどの故障にまで対応する制度もあり、余裕があれば保険代わりに長期の有料保証に入っておくのも安心です。


記録簿がある車はよく整備されている

点検整備を記録した記録簿というものがあり、標準では新車保証書とセットになって車のダッシュボードなどに入っています。この記録簿は車検や定期点検の整備内容が記録されているので、車を定期的にメンテナンスしてきたかどうかがわかります。


オートバックスのようなディーラー以外の整備工場では独自の点検記録シートを整備のときに発行している場合もあり、このシートが残っていれば記録簿の代わりになります。

記録簿の無い車は絶対にダメというわけではありませんが、ある車はきちんと整備されていることが証明付きなので程度も良いことが多いのです。


修復歴が無い車を選ぶ

修復歴のある車というのは、車の重要な骨格・フレーム部分を損傷しているため、きちんと直していないと車体に歪みがある場合があります。

中古車はこの修復歴の有無をはっきりと明示するべきもので、修復歴があると相場よりも安くなります。

 

きちんと修理されていれば普通に走れるので、修復歴のある車を安く買うという裏技的な選び方もありますが、保証がなかったりとリスクがありますので、おすすめはしません。
普通に選ぶときは、修復歴の無い車を選ぶようにしましょう。

 

ただし、修復歴の無い車が事故歴が無いということではありません。ドアを電柱でへこませてしまって交換したとか、バンパーが割れるような事故でバンパーを交換したなどの車は事故歴はあるのに修復歴は無いのです。


修復歴のある車というのは、車の骨格・フレームが変形してフレーム修正機などで修正した車のことであり、ねじ止めされているドアやバンパーの交換で直った車は修復歴が無いということなのです。
フレームまでいっていない事故は修復歴にはならないのです。部品の交換で直ったということは、ちゃんとまっすぐに走れるということなので修復歴にはならないのです。

 

なので、ドアを交換していないかなどの細かい点を気にしてしまうと選択肢を減らしてしまうので、修復歴の無い車なら買っても問題は無いでしょう。


まとめ

誠実な車のプロから買う。ポイントは誠実さにあります。車の状態をごまかしたりしない誠実なプロを信頼して買うことが重要です。