読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

下取りと買い取り店への売却はどちらが高く売れるのか?

車を売るとき、ディーラーでの下取りと、買い取り専門店への売却ではどちらが高く売れるでしょうか。

ほぼ言えることは、下取りよりも買い取り専門店の方が高く売れる傾向が強いです。

 

これは買い取り専門店がなぜ成り立っているかを考えてみるとわかります。
買い取り専門店は、買い取った車を業者間のオークションへ売るか、または一般客へ直接販売するなどで利益を出します。
車を買い取って、その車を転売して利益を出しているのです。

 

ということは、買い取りが商品の仕入れに相当します。仕入れができなければ、商売あがったりになるわけです。


買い取り専門店はたくさんありますから、なんとかして車を買い取ろうとして競合になっているので、買い取り相場は高くなる傾向があります。

 

これに対して、ディーラーの仕事は新車を販売することで利益を出しているので、下取りは絶対になんとかして買い取ろうとしなくても良いのです。
買い取りは買い取り専門店があるのがわかっていますから、あえて買い取り専門店と競合しなくても新車が売れればそれで良いのです。

 

つまり、下取りは古い車を処分するサービスの一環であり、他社と競合しているわけではないので、査定額も低めになる傾向があります。

 

競合していないディーラーでの下取りと、競合している買い取り専門店を比較すると、競合している買い取り専門店に軍配が上がります。

 

したがって、車を買い替えるときに最も得をするやり方は、買いたい車はディーラー同士の競合で一番値引きをしてくれたところで買い、売りたい車は買い取り専門店同士の競合で一番高く買い取ってくれる店に売ることです。

 

ここが大事なポイントになりますが、商売の原則は安く仕入れて高く売ることですので、いくら買い取り専門店が高く買い取ると言っていても、本音はできるだけ安く仕入れたい=安く買い取りたいということです。


なので、より高く売るためには、買い取り店同士の競合を起こさせる必要があります。

新車を買うときにできるだけ安く買うためにディーラー同士を競合させて合い見積もりをとって、値引きを最大にしてくれたところで買うように、車をできるだけ高く売るには、買い取り店同士を競合させると良いのです。

 

買い取り店同士を競合させるためには二つの方法があります。

 

一つは自分で車を買い取り店に持ち込んで査定をしてもらう方法ですが、これは多数の店舗を回るには時間がかかり、大変です。車を安く買うためにディーラーを回り、高く売るために買い取り専門店も回らなくてはいけないとなると、相当大変な思いをすることになります。
忙しい方にとっては限界がありますよね。

 

もう一つの方法は、ネットで多数の買い取り専門店に一括で査定の申し込みができる一括査定サービスを利用する方法があります。
これは数分で終わる申し込みをすれば、あとは買い取り専門店が複数、指定した場所へ査定に来てくれるということになるので、時短にもなり、買い取り店を回る手間が省けてとても楽な方法になります。

 

このようにすれば買い取り店への売却が最も高く車を売ることができることになります。

以上、下取りと買い取り店への売却はどちらが高く売れるのか?についてでした。