読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

中古車の買い替えでお買い得な車の見つけ方5「ボディの形状」

お買い得な中古車の見つけ方についてシリーズでお届けしていますが、ボディの形状にも人気・不人気があり、その不人気な形状を狙うという方法があります。

 

人気はなんといってもミニバンやコンパクトカーになります。セレナ・ノア・アルファードなどのミニバンやフィット・アクア・ノートなどのコンパクトカー、コンパクトではないですが常に人気車種ベスト1・2に入るプリウスなどが人気です。

 

セダンとクーペが狙い目

狙い目となるのは不人気な形状ですが、まずあげられるのがセダンタイプの形状です。

セダンとはタクシーの形がセダンになります。昔からある車の代表的な形状ですが、現在はこのセダンタイプの車は人気が無く、中古車になるとお買い得感があります。トランクが後ろについている形状は人気が無いのが現状になります。


昔は売れたセダンですが、はっきり言ってデザインが古臭さがあり、車高の低さからくる車内の狭さ、トランクの上の空間が無駄になっていることが不人気の原因のようです。

トランクの上部まで屋根があるステーションワゴンはまだ人気があります。ステーションワゴンの車高を高くしたものがミニバンの形状になり、人気があることを考えると、車内が広く、天井が高い車が人気になっているのが現代の車事情ということになります

実際に軽自動車も天井の高い車が人気です。また、普通車のSUVはデザイン的に大型なタイヤの上に車高の高いワゴンタイプのボディが乗っかっている趣味性の高いデザインなので人気があります。
これらの人気の車に比べると、セダンの車高の低さ、デザインの古さ、が売れない原因になっているのが現状です。

お買い得の車を買うのなら、不人気な形状のセダンを狙うのがひとつの方法になります

 

また、クーペタイプも不人気な形状になります。不人気の理由は上記にあげた車高の低さなどの理由に加え、積載空間の狭さなど、実用性が求められると苦しいデザインであることなどが売れない理由になっているようです。

セダンとクーペをまずは検討してみるのがお買い得車を見つけるには有効な手段になります

 

ミニバンより狭いコンパクトミニバンも狙えます

コンパクトミニバンは、3列シートの小型なミニバンですが、3列目が狭いことや、自転車などの背の高い荷物があまり積めないミニバンということで、購入者の満足度がやや低めのようです。

コンパクトミニバンを売却して背の高い普通のミニバンに買い替えてしまうユーザーも少なくないようですので、実用性を考えると、普通のミニバンに軍配が上がるので、コンパクトミニバンは不人気な形状といえるわけです。

ということは狭さや実用性の面を妥協できるなら、狙い目の形状だといえます。


自転車を積むわけではない、時々6人を乗せる必要があるなど、車高や天井の高さや広さはそれほど求めないが人数は多めに乗れる必要があるなど、お買い得なので狙える理由がある方にはおすすめの形状になります。

不人気な形状とはいっても、性能が劣るわけでもなく、天井の高さがそれほど必要ないならばコンパクトミニバンは積極的に狙う価値があるのではないでしょうか

 

ということで、中古車の買い替えでお買い得な車の見つけ方5「ボディの形状」についてでした。