読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

下取・買取など車を売る方法のどれが高く売れるか

車を買い替えるとき、今まで乗っていた車を処分する方法には下取り・買取などの方法がありますが、高く売れるのはどの方法なのでしょうか。

下取りは高く売りにくい

ディーラーや中古車店で車を購入するときに下取りで処分してもらうのが一般的な処分方法になりますが、この下取りが一番安い売り方になります。
その理由としては、下取りは新車や中古車を購入するときに今まで乗っていた車を処分するサービスの一環で行うもので、下取りの金額は安くなる傾向があります

安いにもかかわらず、なぜ多くの人が下取りを選んでしまうのかは、それが一番楽だからです。下取りに出すことで、名義変更などの手続きを購入する手続きと同じ店でやってもらえるため、手間がかからず一度で済ませることができるからです。

下取りは他店との競合がおきていない状態なので、無理をして高く買取る理由がないのです。そのため、高く売るということが一番むつかしいのが下取りになります。

 ただし、古い車や多走行の車で、査定額が本来はゼロの車でも例外的に下取りが一番高く売れることがあります。それは、新車を値引き交渉をしているときに、値引きはもう限界で、あとは下取り金額を数万円でも高くすることで実質的に新車を値引きしたのと同じ効果をうむために行われる場合です。

値引きはもう限界で、本来なら下取り査定ゼロの車を数万円で下取り、値引きと同じ効果を出すために、査定がゼロの車でも買取っている場合です。このような場合には下取りが一番高く売れるという逆転現象がおきます。

 

買取専門店は高く売れることが多い

買取り専門店は買取ることが仕事なので、高く売れる傾向があります。

同業者も多く、買取の競合状態になっています。競合しているため、高く買うしかないのです。買えないことによる商材の不足が一番困るので、高く買取る競争になっています。

なので一般的には、買い取り専門店で売るのが高く売るための王道になります


オークション代行は売れないリスクで微妙

買取専門店より高く売れることがあるのが、オークション代行です。このオークションとは、個人売買のオークションではなく、業者専門のオークションのことです。中古車販売業者の仕入れ場所が業者オークションで、下取り車や買取専門店の買取った車がこの業者オークションで売りに出されます。

通常の流れは、

車を売りたい一般客→下取りまたは買取→業者オークション→中古車店

となります。

オークション代行は、直接業者オークションに出品する代行業者が行っています。

一般客は業者オークションに出品できないので、出品代行をするのがオークション代行業者です。

売れた金額の数パーセントを手数料としていることが多く、一般的には買取り業者に売るよりも高く売れ、手数料を引いても手元のお金が一番多くなる理屈です。


ただし、売れないでオークションが売買不成立になることもざらにあります。その場合は、出品料を取られるだけで終了してしまうため、出品料の数千円を損します。

オークションは毎週同じ曜日に行われますので、再出品まで通常は1週間待たされます。次の週に再出品するとまた出品料が数千円かかります。1週間という時間も損します。

ここでまた買い手がつかないと、また出品料だけ取られて損をします。だんだん経費がかさんで買取り専門店に売ったのと同じくらいになってしまいます。
この売れないリスクを考えると、一番高く売れるとは限らないのがオークション代行のデメリットになります。いつ売れるかわからないのもデメリットです。

なのでオークション代行に出品するなら、1~2回の出品で売り切れる人気車種でないと厳しいということになります。

 

おすすめは買取り専門店が競合するネットの一括査定

買取り専門店がネット上の申し込みだけで最大10社で競合するのが一括査定です。この一括査定が一番高く売れる可能性があり、おすすめです。

 

ということで、「下取・買取など車を売る方法のどれが高く売れるか」についてでした。