読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

わけありの車を高く売って買い替える方法5「ローンが残っている車」

車を買い換えたいと思った時、今乗っている車がまだローンを支払中の場合には売ることができるのでしょうか。売れるとしたらどのような手続きが必要なのでしょうか。


ローンが残っている車はそのままでは売れない理由

車を売ることができる権利があるのは所有者だけです。

車検証を見ると、「所有者」欄と「使用者」欄があり、通常は以下のようになっています。

・現金一括払いした車→所有者:自分、使用者:自分

・ローンが残っている車→所有者:ローン会社やディーラー、使用者:自分

つまり、現金一括払いで買った車は所有者=自分なので自分の判断で売ることができます。
しかしローンが残っている車の所有者はローン会社やディーラーなので、自分には売る権利はありません。

ローンを完済するまで、所有者がローン会社やディーラーになっている状態を所有権留保といいます。所有権が支払中だけ保留になっているという意味で、支払いが終われば所有権が完全に自分のものになります。
所有権が自分のものになれば、車を自由に売ることができます。

それでは、ローン中の車はやはり売れないのでしょうか。


ローンが残っている車でも売ることができる方法

ローンが残っている車を売るためにはローンをなんとかして終わらせる必要があります。
それにはローンをまず現金払いで完済する方法と、さらにローンが残ったまま売れる方法も現在はあります。

 

・現金一括払いで完済してから売る
現金でローン残債を全額返済してしまえば、所有権留保が解除されて、自分=所有者になりますので、売れるようになります。
しかし、現金が手元にない場合は次の方法もあります。

 

・車を売却して、ローンを完済する
車を売る権利がないのになぜ売れるのかというと、最近では大手の車買取専門店では、所有権留保のままでも買取ができます。
この手続きは小規模の買取店によってはできない場合もあり、大手の買取店に相談するとよいでしょう。

もし買取(査定)額がローン残債より高ければ、ローンを全額完済できますが、査定額がローン残債より低い場合は以下の方法があります。

 

・不足した差額を現金で支払う
車を売ってもローンが残る場合は、不足した金額を一括で現金払いして完済する方法です。たとえば、ローン残高が100万円で、車の買取額が80万円なら、差額の20万円を現金で支払うというものです。

 

・ローンの組み換えで次の車のローンに上乗せする
現金で払えない場合は、残額を次の車のローンに組み入れてしまう方法があります。車を売ってもローン残高の完済に足りない場合に、不足した差額を次の車のローンの中に組み入れ・上乗せします。
ただ、注意点としては、残額が大きくなればなるほど、次のローンの支払いが増え、返済が大変になることがあるので、注意が必要です。

また、上乗せ型ではなく、一般のローンを別に借りて完済する方法もありますが、これが一番支払いが大変になるのでおすすめしません。ローンは本数が増えると支払いが大変になることが多いので、一本化しておかないと危険です。


ローンが残っている車を売るならできるだけ高く売るようにしましょう

ローンを完済できるくらいの高い買取査定額を得ることができれば、次の車をその車だけのローンで乗ることができます。

車を高く売るには、ネットの申し込みで複数の買取店に一括査定を依頼できる一括査定サイトを利用することをおすすめします。
大手の買取店が参加している一括査定サイトなら、ローンが残っている車でも買取ができるため、その中で一番高額査定を出してくれた買取店に売却することで、次の車に買い替えることが可能になります。

 

ということで、わけありの車を高く売って買い替える方法5「ローンが残っている車」についてでした。

おすすめの無料一括買取査定サイト

◎かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは、大手の買取店が参加していて、無料で最大10社の一括査定が受けられます。ローンが残っている車をできるだけ高く売るには、複数の査定を受けて一番高い買取店へ売却するだけで済みます。
査定金額にはそれぞれの買取店で競合があるため、最低と最高では10万円単位で差がつくことがあり、場合により数十万円もの差になる場合があるため、複数の買取店への一括査定が有利なのです。

かんたん車査定ガイド