読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

わけありの車を高く売って買い替える方法2「修復歴ありの車」

車の買い替えで、今乗っている車を売って次の車の購入資金を作ることにしたとします。

もし、今の車が過去に事故にあったことがある車の場合、査定に影響がどのくらいあるのか気になりますよね。

よく、修復歴あり・修復歴なしなどと表記されますが、まず修復歴については以下の定義があります。

 

修復歴のある車とは

修復歴車の基準、定義については、中古車を査定する業界団体(社団法人日本自動車査定協会など)によって明確に定められており、車の修復した部位が以下のものをさします。

1 ラジエータコアサポート
2 クロスメンバー
3 サイドメンバー
4 インサイドパネル・ダッシュパネル
5 ピラー
6 ルーフ
7 センターフロアパネル・フロアサイドメンバー
8 リヤフロア

骨格の図↓ (日本自動車査定協会様のサイトより)

f:id:ohato:20170124140424j:plain

f:id:ohato:20170124140443j:plain

以上の部位はいずれも車の骨格(フレーム)の重要な部位になります。これらの部位を交換または修復したものを修復歴車と呼びます。

ネジでとまっているドアなどの交換歴は修復歴とは呼びません。なので事故にあってドアを交換していても修復歴車にはなりません。あくまでもフレームまで変形が及んでいるかどうかで修復歴ありか、修復歴なしかの違いがあります。

愛車が事故にあったことがあるというだけで全部が修復歴車になるわけではありません。一度、修理のときの明細を確認してみることをおすすめします。もしかしたら、事故にあっていても修復歴にはならないかもしれません。


修復歴があることを言うべきか

もし、愛車に修復歴があることがわかった場合、心情としては言わなければわからないのではないか、と考えがちですが、修復歴は必ずわかると考えてください。

修復歴は言わないでおくというのは、何も得をしないどころか、むしろ損をすることです。

査定の前に修復歴があるか聞かれますが、修復歴があるのに修復歴がないと嘘を言っても、査定のときにバレます。

査定の担当者は修復歴を見抜く研修を受けているため、ほぼ確実に修復歴を見抜かれます

修復歴がないと嘘を言ってしまうと、他にも何か不都合なことを隠しているかもしれないと思われます。すると、査定する側も疑心暗鬼になり高額査定を出せなくなってしまいます。
嘘を言うと得をするどころか、逆に査定を下げられて損をしてしまうので、正直に修復歴があることは伝えるべきです。

同じように、不具合のある箇所は正直に伝えておいたほうが印象が良くなります。何かを隠そうとしていると思われないことが大切です。


修復歴は査定にどの程度影響がある?

修復歴は一般的には修復歴なしの場合より2割~4割の減額となります。修復歴なしの車で100万円だったとして、修復歴ありだと60万~80万円の査定になることが想定されます。


修復歴ありでも高く売るために一括査定を利用する

修復歴ありの車でも、できるだけ高く査定してくれる買取店を見つければよいことになります。修復歴ありでも需要がないわけではないのです。

少しでも高く売るためには、ネット上の査定依頼で、複数の買い取り専門店に一括して査定依頼が出せる一括査定サイトを利用することをおすすめします。

特に走るのに問題がない場合はきちんと修理されていることを伝えて高く査定を出してくれたら売るという意思表示をすることで、買取店同士の競合となり、少しでも高く売ることができます。

競合がある状態で、査定金額が一番高い買取店に売却を決めるだけでよいのです。

 

修復歴車を少しでも高く売るポイントまとめ

・修復歴はごまかせないので正直に申告すること
・一括査定を活用し、買取店の競合で一番高い買取店に売却

 

ということで、わけありの車を高く売って買い替える方法2「修復歴ありの車」についてでした。