読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車の買い替えなど車関連の情報

車の買い替えや車に関連する情報

わけありの車を高く売って買い替える方法1「低年式、多走行の車」

車を買い替える前に、今乗っている車を売却して次の車の購入資金をできるだけ多く確保したいですよね。

しかし10年以上前の車だとか、10万km以上走行しているなど、高く売れそうもない場合、売るのをあきらめて廃車処分をお願いしてしまうのはもったいないケースがあります。

あきらめずに売る方法があります。

 

低年式、多走行車でも高く買取る業者とは

低年式や多走行の車を高く買取ってくれる業者があります。
それは、輸出業者です。

車種にもよりますが、国内での需要がなくても海外で需要のある車種があります。

日本の車は丈夫で長持ちなので海外では人気があります。引く手あまたの車種があります。
日本では考えられないほどの走行距離まで使います。
日本では、10年落ちの車や10万kmをこえた車にはあまり価値を見出せない傾向がありますが、これは世界から見ると、「もったいない」の一言です。

海外では日本の20年以上前の車が平気で走っています。走行距離も30万kmでもまだまだ乗っています。場合により50万km乗られる車もあるのです。

 

中古車に対する考え方がちょっと違うといえます。

エンジンが故障してもあきらめずに修理します。エンジンでもミッションでも故障した部位を交換して乗り続けます。
修理に使えるように、エンジンや交換部品も需要があるため、輸出されています。

 

日本人が外装にこだわり、車体が錆びてくるまで乗るという感覚が無いのと正反対に、車体が多少錆びてきても気にせずに乗り続けるので、日本では廃車になるような車でも需要があるのです。

 

日本人が廃車にするような車でも全然問題なく値段がつく車種があります。
商用車やトラック、特にディーゼルエンジンの車には高い需要があります。

具体的にはハイエースやパジェロのような実用性の高い車種は非常に高額で売れる場合があり、査定に出してみたら驚きの金額で売れることがあります。

 

ただし、車種によります。海外でも人気の高い車種は本当に高く売れますが、残念ながら需要があまりない車種もあります。
それは下記のような業者へ査定に出すことではっきりします。

 

どの業者に売ればよいか

普通車の場合はネット上の申し込みで複数の買取業者に一括して査定依頼ができる一括査定サイトがあります。

一括査定に申し込むと複数の業者が競合することになり、最も高い金額をつけた業者に売却すればよいので、高く売れる可能性が高くなります。

また、指定した場所に査定に来てもらえるため、自分で買取り業者を回る手間が省けます。低年式、多走行でもあきらめずに一度査定に出してみることをおすすめします。

 

トラックや商用車の場合は、トラックや商用車専門の一括査定サイトがありますので、普通車と同様に、一番高い提示額を出してくれた業者に売却すれば高く売ることが可能です。トラックや商用車は低年式でも多走行でも高く売れる可能性が高いです。

 

ということで、わけありの車を高く売って買い替える方法1「低年式、多走行の車」についてでした。